将棋指しのテニスプレイヤー
こんにちわ bossと申します。
将棋とテニスをこよなく愛する高校生による日常日記を書いていくブログです。
もしよろしければ常連になってやってください。
ニコ生もやってます。コミュ参加してくれたら幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンキャンパス

今日は大学の関西某私大のオープンキャンパスに行ってきました。
僕は内部進学なので、ほぼ100%その大学への進学なんですがどこの学部・学科にしようかいまだに迷っていて行ってまいりました。
といってもほとんど理工学部にするつもりでしたが。



もうオープンキャンパスも三年目、その他いろいろな用事で大学に行くことがあるので慣れたもんですがやっぱりキャンパスは広いですね。
自宅からもなかなか遠いですし来年からそこに通うのかと思うと・・・ww



まずは学部紹介と研究室公開に参加しました。学部は理工学部で現在進学したいと思ってる学科の候補が二つありました。一つは機械工学科 もう一つはロボティクス学科です。

機械工学とはその名の通り機械を扱う学科ですが、材料工学だったり赤外線だったりMEMSを扱っていたりと、同じ学科とはいえ研究室はまちまち。ただ全体的にナノやミクロといった研究室が多いようなイメージでした。

ロボティクス学科とはこれまたその名の通りロボットです。実はこれ学科として専門を持ってる大学も少なく、学科開設当初はほんと全国的にも世界的にも初めてだったんじゃないしょうかね。某私大とかぼかしたけどこれで大学丸わかりですねw
研究室はどちらかというと医療系に近いところが多いですね。




当初僕は機械工学科が第一希望だったので研究室公開には機械工学科に参加しました。
はじめに行った研究室は材料工学研究室。ここでは形状記憶合金から材料についてアプローチしていきました。
今回見せてもらったのはチタン(Ti)とニッケル(Ni)の合金「ニチノール」です。
形状記憶合金とはある一定の温度になればどんなに変形していても元の形に戻るという金属です。
ニチノールでできたばねをどんなにぐちゃぐちゃに延ばしたとしても70~80度の水につけるとすぐばねの形に戻るんです。

さらにその応用としてニチノールとお湯で回り続ける風車も見せてもらいました。
これは口では説明できないので大学の解説ページをリンクしましょう。
「形状記憶合金線を使った風車の仕組み」
これ生で見せてもらったんですがこういう仕組みだったんですね。伸びたり縮んだりで回ってるのかと予想はしてましたがこういうことか。
お土産にチタノールを少しいただきました。


二つ目の研究室は集積化MEMSセンサ研究室。ここでは赤外線センサの研究開発をしているんですが、赤外線についてを教えていただきました。赤外線っていうと赤外線通信みたいなのを思い浮かべるんですが、ようは人の目には見えない光なんですね。人の目に見えるのは可視光線って言いますよね?対して赤外線と紫外線は人の目にはみることができませんが、それを感知するセンサから情報を取る技術があるんですね。
よくトイレとかに人が入ると勝手に電気がつくのがありますがあれも赤外線センサが人の発する光を感知してるんですね。また、直接触れなくても温度がわかるという性質もあります。
応用例として赤外線カメラによるセキュリティや車に赤外線カメラを付けての運転補助等あるみたいです。
どんな物体も光を発しているのでそれを感知すれば夜くらいところだろうが物や人というのはくっきり見えるんですね。
そのため夜の不審者も行動が筒抜け、夜道に飛び出す人なんかも暗くて見えなかったなんてことはないんですね。
また熱を感知するという観点から見ると空港の体温測定なんかも赤外線センサで行ってるみたいです。

とはいえまだまだ赤外線カメラなんかは高価なもの。これを小さくして低価格で手にできるようにするというのが目標みたいです。


ここで午前のプログラム終了。30分程度で午後のプログラムがあるんで急いでお昼ご飯を食堂でいただきました。
午後からまた研究室公開に参加しました。午前と午後では公開される研究室が異なるので両方に参加してみるといいよと大学生のスタッフさんに言われたので参加してみたんですよね。

午後の研究室公開一つ目は機械工学科の流体工学研究室。
ここでは手のひらサイズのエンジンを見せてもらいました。大きさにしてだいたいSDカードと同じくらいのもの。そんなに小さいサイズなのに熱としては1000度ものエネルギーを生むことができるみたいです。
そんな超ちっさいエンジンにマイクロガスタービンが入っていて大きさにしてだいたい髪の毛ぐらいの細さ。
このガスタービンが音速ぐらいの速さのガスによってエネルギーを取り出すみたいなんですが、音速になると衝撃波がでるようになり速度が音速よりも遅くなってしまいます。この衝撃波の位置を調整してタービンより外側に発生するようにして音速を保つ技術なんかも見せてもらいました。
この衝撃波の位置を調節し可視化できるようにしたのはその研究室が初めてみたいです。

二つ目の研究室はロボティクス学科の運動知能研究室。
ここでは主に水中ロボットの作成をしていました。水の底に沈むものを拾ったり、海底や湖底の地層を調べるためのロボットだったりを作ってるみたいでした。
動画としてロボットが実際に動いているところを見せてもらいましたがほんとにすごい。
琵琶湖の底に不法投棄されたタイヤを的確にロボットがつかんで水上に持ち上げていました。
何よりすごいのがこの操作を一人で行うことができるということ。ふつう水中のロボットっていうのは機体そのものの操縦を一人が、腕などの操縦を一人が必要で最低二人で行うものらしいんですがそれは一人でも操縦できてしまうんですね。
また、課外活動としてソーラーを動力とした船のスピードを競うという競技にその研究室の学生が参加してここ二年ほど優勝してるみたいです。なんか半端なく早くて漁船とかじゃ追いつけないらしい。




これで午後の研究室公開に参加し終わったので次に大学生に部活、サークルについて質問するブースで質問してきました。主にテニスサークルの決め方ですね。
僕は大学生になったら将棋研究会とテニスサークルに入りたいと思ってるんですが、これまたテニサーが多い多い。2.30個くらいあるみたいなんですがそれのどれに入ったらいいかを決めるポイントみたいなのを教えてもらおうと思って質問にいきました。
テニサーといっても色々で週に一回程度だったり月に一回だったりといろいろみたいで、入学後にそういう説明ブースみたいなのが並ぶからそこで聞いて自分に合うところが一番いいと教えていただきました。
ほんとに親切に教えていただけたのでよかったです。




だいたいこんな感じでオープンキャンパス終了だったんですが、今回のでロボティクス学科がすごく楽しそうだと感じました。
第一希望が機械工学科だったのがロボティクス学科になりそう。
もう少し考えて進路決めていきたいと思います。
スポンサーサイト

夏祭りでスリーフィンガー習得

はい、今日はギターについて。
最近いろいろな曲に中途半端に手を出して、どれかいっこくらいまともに弾けるようにしないととおもっている 今日この頃。
さて、そんな僕は懲りもせずまた新しい曲にチャレンジしようと思っています。

それは長渕剛さんの「夏祭り」



なんかしゃぼん玉を弾いてみてから長渕剛さんにはまっています。
「しゃぼん玉」→「乾杯」ときてから次は長渕さんいわくスリーフィンガーの王道「夏祭り」にチャレンジしてみようかと思います。

スリーフィンガーはやったことがなく、アルペジオの曲はかぐや姫の「神田川」だけ弾いたことがあるだけなんでここでスリーフィンガーをマスターしたいと思ってこの曲を選びました。




というわけでコード譜もないのでYouTubeで解説動画をあさってみることに。
幸いなことに僕がチャンネル登録をさせてもらってる方が解説している動画がありました。
それがこちら。


この方は長渕さんのコピーをして積極的に動画投稿を行っている方なんですが、なんといってもギターがとても上手い。
弾いてる時のそのややむかつく顔すらもカバーして余りあるギターの上手さがあります。
この動画ではイントロとエンディングに関して解説されていますが、これから始めようとおもってる僕にとってこのようにイントロが解説されてるのはとてもありがたいんですよね。


ただ難点がひとつ。
というのはこの人のギターテクがうますぎて割とできる前提に立ってる感じがします。
この辺は普通にスリーフィンガーで、とか言ってるんですが僕程度のレベルだとこの人が軽く流してるとこすらも難しく感じます。




しかし、このOHORI123という方の解説動画は大変参考になりますのでこれで勉強させてもらおうかと思います。
長渕さんの曲が弾きたいという方はこのチャンネルに入って動画を見てみると参考になるかと思います。

新しいことを始めよう。

さて、僕はついに夏休みに突入しました。
宿題もたいしてないこの夏、部活もしてない僕としては時間を持て余してるんですよね。



最近はウレロシリーズという喜劇の動画を見ています。
現在「斉藤さん2」に出ている早見あかりや東京03、劇団ひとり、バカリズムなどが出演しています。
これが見てみるとすごく面白く、だいたい動画サイトにあがってるんでそれを少しずつ見ていますねー。



あとはやることといったらギターか将棋かぐらいのものですね。
将棋ももっとがんばらないといけないので勉強を進めていこうかと考えています。





しかし時間がたくさんあるこの夏、無駄にするというのはもったいないですよね。
っていうわけで僕は夏休みに入ってからランニングを始めました。
テニスをしている僕なんですが体型はメタボ体型。
このままでは健康としてもダメだし、テニスをしていてももっと動けるようになりたい。



そう考えてランニングを始めました。
一日約4㎞を30分ほどで走ります。


多分速さ的にはそんなにはやい速度ではないかと思うのですが、これが結構僕にはしんどいww
これをこの夏は続けてみようかなと考えています。
果たして夏休みが明けたころには体型はかわっているのでしょうかw



では短いですがこの辺で。
皆さんもこの夏何か新しいことにチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

演劇鑑賞 真夏の方程式の感想

今日は学校であった演劇鑑賞と、学校帰りに見に行った映画「真夏の方程式」の感想を書きたいと思います。


まず学校での演劇鑑賞から
これは青年劇場さんの「キュリーキュリー」を見ました。
題材はマリー・キュリーでしょうね。あの有名なキュリー夫人です。
ここでキュリー夫人ってなにした人?って人のために僕の知ってる限りで情報を載せてみましょう。


キュリー夫人、本名マリー・キュリーはノーベル物理学賞とノーベル化学賞の二つを受賞した女性科学者です。
出身はポーランドで当時のポーランドはロシアによる併合状態にあり独立国家ではありませんでした。
そんな状況ですから彼女には学びの場というものはありませんでした。
学びを求めた彼女はフランスに行き、そこで夫となるピエール・キュリーと出会い結婚。
その後彼女はウランがX線のようなものを発することに着目して研究を進めて放射線の存在を発見。
ウランの研究の過程でピッチブレンドという鉱石がウラン単体よりも高い放射線を出すことに気が付き、ポロニウムとラジウムという新たな放射性元素を発見しました。



ざっとキュリー夫人の功績はこんなところでしょうか。書き漏れがあったとしてもそれは僕の知識不足なのでご容赦ください。



さて、このキュリーキュリーですが主にラジウムの発見がひとつのテーマとなっています。
研究室内でさまざまなドラマがありました。
研究室内でのウォッカの作成やポルノ写真の現像などが大学の学校長にばれそうになったり。
科学で特許を取ってお金儲けに進もうとする同僚に対してピエール・キュリーが憤りを感じて怒鳴り合ったり。
はたまたラジウム単体の生成の過程がまるで強制労働者のようで教授や額好調から馬鹿にされてマリー・キュリーが怒鳴ったり。
フィクションが混じってたり、X線のような透過性物質の発見を写真からの発見はまるでアンリ・ベクレルの発見のようですからね。


最終的にピッチブレンドからウランを取ったあとの不純物にH2Sすなわち硫化水素を通すことで単体のラジウムが析出したという風に劇中では言われていました。硫化水素は金属イオンを含む水溶液と反応して金属硫化物を析出するという性質を持つためラジウムの単体の生成ができたのかな?って思います。
まぁ劇中では硫化水素を通じた段階で単体が析出したみたいな描かれ方をされていましたが、おそらくは金属硫化物ですので単体にするためになにかしないといけないんでしょうね。



理系の僕としては割と興味深い演劇でした。



続いて映画「真夏の方程式」の感想を。
これはご存じ東野圭吾のガリレオシリーズの映画版です。
2007年にガリレオ一期として福山雅治、柴咲コウが出演した連続ドラマが放送されていました。
つい最近もガリレオ二期として福山雅治、吉高由里子が出演してましたね。
陰では女刑事役は吉高由里子より柴咲コウのほうがよかったとささやかれていますね。
そもそも柴咲コウが降板させられた理由というのが福山雅治と同じ事務所の吉高由里子がゴリ押しされたという風に言われていますね。


僕個人的にはももクロと同じスターダストプロモーションの柴咲コウがよかったなーって思うし、一期の動画を見ても柴咲コウの演技力というものは絶大だったかと思われます。


まぁそれは一旦おいておきましょう。



この真夏の方程式の感想ですが、現在絶賛上映中ですので多くは語りません。
あらすじ等はいろいろな媒体から得られると思いますので割愛しますね。
この話というのは様々な「愛」から成り立っています。
世の中には様々な「愛」が存在しますよね。恋「愛」であったり親子「愛」であったり。
この真夏の方程式というストーリーは様々な「愛」が絡み合ったある一家から成り立っています。
その「愛」があったからこそそこに事件が生まれ、それを物理学者湯川学(福山雅治)が紐解いていきます。


ドラマで湯川学はたびたびこう言っています。
「結果には必ず原因がある。」
つまり、この作品の事件の結果というのは「愛」という原因から起きているのだと思います。
その「愛」は僕にはまだ理解できないような、そんな「愛」もありました。
様々な「愛」という形を事件から魅せてくる。そういった作品であったと思います。



そんな僕ですが、映画でとても感銘を受けた一方で先ほど述べたとおりまだわからない「愛」もありました。
っていうわけで


ジャン!
真夏の方程式

映画館下の本屋さんで衝動買い。
最早映画を見たらその原作を読むというお決まりのパターンができつつあります。
これでまた読み直して映画の雰囲気を少しでもつかめたらなと思います。




皆さんもこの真夏の方程式、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。

高校野球

今日は小学生の時の友達の野球応援に行って参りました
僕は中学から私立の学校で地元の中学じゃないんで、ほぼ会う機会もないのでこうやって会える機会がほしいなと思い応援に駆けつけました

一緒に応援に行ったのは、同じく中学から私立の学校に行ったOくん(学校は僕とは違います)と地元の中学に行ったNさん
当初もっと人が集まるかと思っていたんですが、バイトだったり短期留学の準備だったりで忙しくて来れなかったみたいです



朝の9時半に最寄り駅に集合で、僕の家から近い駅だったので集合はかなり楽でしたね。
駅に着くとすでにNさんが居ました。
Nさんとはかなり久々だったので、Oくんを待つ間会ってなかった間のことだったりを話したりしてましたね



そんなこんなでOくんも到着。彼とはついこないだ七夕祭りで会ってるのでまぁいいです笑




そこから到着するまでは特に何もないので割愛



球場につくと結構人が居てびっくりしましたね。
ちなみに試合に出る友達はキャプテンで、試合が始まる直前に集合かけたりするのかっこ良かったですね

さぁいよいよ試合開始
友達の学校が浪速高校で相手の高校が近大泉州
友達の学校から先攻で、一番バッターが友達でした
成野


もうこの姿だけでかっこいいですよね。



しかしながら、この回は得点入らず。更に得点機会を得ることなく両者0点で迎えた四回裏、細かくヒットを打った近大泉州が先制。続く五回もヒットを続ける近大泉州、打撃は好調なんでしょうかね。ここでも一点を入れて点差を広げました。
見ているこちらとしてはかなりハラハラ。見ていてこれなんだから選手の心境は計り知れません。
二点を追う浪速は六回で二死満塁のビッグチャンス到来。
これはいけるんじゃないか、そう思った瞬間大きな打球音。タイムリーツーベースで同点に追いつきました。
更にまだまだチャンスは続いて二死二三塁。しかしながらここはチャンスを生かせず逆転には至りませんでした。
同点となった六回裏、近大泉州の攻撃はヒットを重ねて一死三塁。ここで近大泉州はなんとスクイズ!
スクイズが決まり3-2と浪速を突き放しました。
せっかく追いつくもその回には返されてかなり厳しい状況で八回、またもや満塁のチャンスが到来。
燻っていた浪速打線も本領発揮のごとく打ちまくりこの回三点の追加点を加えて逆転に成功。
そのままピッチャーの島田君は好投を続け、堅い守備の前に近大泉州は敗れました。



序盤で先行、リードされるというハラハラの展開でしたが最後はしっかり勝ってくれてよかったです。
これで友達は続く三回戦に進出できました。
大阪と言えば大阪桐蔭や履正社などの強豪がそろっていますが、がんばって甲子園にいってほしいですね。
成野2

プロフィール

boss

Author:boss
おはこんにちばんわ^^
通りすがり上等米残していけこのやろー
ってわけで素通りは厳禁ってことで(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ 

【ニコニコミュニティ】【将棋放送】男子高校生のヒマつぶしroom【雑談】の生放送
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
I tunesカードが無料‼
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。