テニス - 将棋指しのテニスプレイヤー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンレポート

今日はテニススクールでしたー
ってことで久々にテニスカテゴリです。

今日のクラスは僕含めわずか三人という鬼畜人数。体力もたんって・・・
だけどポジティブに考えましょう。たくさん打てるから楽しいんです。


アップを書くのは省略してまずはショートラリーから。
今日は基本をしてから実践に入るようです。
僕はコーチとラリーをしました。
そこで問題になったのがサービスラインよりオーバーしないようにと慎重になりすぎてフォロースルーが小さく、スイングスピードが遅くなってること。
これではボールは前に飛ぶんじゃなくて上に飛ぶような感じになり、スピンもかかりません。
さらにあたりも悪いしそのくせボールを体の前で取ってるので力が入ってオーバーしてしまいます。
ショートラリー問題点


これが横から見た図です。
赤がフォロースルーが小さくてスイングスピードが遅い方。
これはスピンがかかっていませんね。

ですのでコーチからこういうアドバイスを受けました。
まず、オーバーをするのは体の前で取っているから。ショートラリーの場合は少し体に引きつけて、面をやや下にして大きく振りぬく。もちろんスイングスピードは速くないとスピンもかからないから早くする。

そうすると黄色の弾道を描くようになりました。
これがきれいなスピンですね。

次に球出し練習です。
メニューはこんな感じ
20130601練習メニュー 球出し
まずはフォアバックのクロスを6球ずつ
三巡したらフォアバックのストレート6球ずつ三巡

基礎の球出しですよね。けど僕はもうスタミナ切れww
三人だとローテ早いんですよ。まぁ僕が体力なさすぎるのもあれですがww

この練習は三人ともかなり集中してたと思います。
足を細かく早く動かして腰を低く落として打ててるとコーチに三人ともほめられましたw


次のメニューはこれです。
20130601練習メニュー 球出し2
まずはフォアバックをベースラインから打って、三球目でチャンスボールがくるのでそれをフォアで順クロ、次にフワッとしたボールがくるのでボレーでネット前に打つ。
ここでポイントになるのが、実践をイメージすることだと言われました。
僕はこのメニューを聞いた時に頭の中で一連のプレーを想像してました。ってかメニュー聞くと想像する癖があるんですよね。
このイメージが多分練習では大事なのだとおもいます。
ちなみに僕が想像したのはプロの黒人の選手を振り回してるところですw

そしてもう一つのポイントが、このメニューにおいてどれが大事なショットなのかということを考えること。
コーチは最後のボレーが一番大事だと言っていました。
けれど僕のなかのランクは
ボレー≧チャンスボール>>>>>フォアバック
くらいのイメージでしたね。 確かにボレーも大事だけど、ボレーをするためのチャンスボールをミスしないということが同じくらい大事だと思っていました。

ボレーで大事なことは、ネット前に落とすのだからスイングをしないこと。
ソフトタッチでネット前に転がすイメージで、それをするために打つときに腰を落とすことが大事だと言われました。


やってみるとチャンスボールのミスは一球もなかったです。
しかし、フワッとしたボールを打とうとすると腰が浮いてしまってミスにつながってしまっていました。
これが結構難しかったんですね。あとボレーもサイドに狙いをつけすぎてサイドアウトしてしまうということもありました。
ボレーを打つ瞬間の相手の位置はデュースサイドの端に追いやられていますので、そんなにサイドを狙わなくてもいいと言われました。


続いのメニューは先ほどのメニューをより実践チックにしたものです
20130601練習メニュー 球出し3
まずはバックで順クロス、次にチャンスボールが来るのでそれをフォアで順クロス
その打ったチャンスボールをコーチが打ち返すのでそれをボレーで先ほどと同じようにネット前に。

このメニューとさっきのメニューの違いはコーチがどこにボールを打ち返すかわからないところ。
さっきのメニューはフォアに打ちやすいように球出しが来てたけど、このメニューではフォアとは限らない。
更に、高いボールもある。
だから来たボールにすぐに判断してボレーを打たないといけないという練習です。
ただし、主旨は相手を崩したあとのボレーですのでチャンスボールをパッシングするような球は来ません。

さっきの練習でなんとなく感覚をつかんだので割とボレーが決まるようになってきました。
けれどやっぱり難しいですね。
かなりタッチをやわらかくしないとネット前に転がせないです。


同じレッスンを受けていた中学生の女の子はこのボレーがかなりうまかったですね。
的確にネット前を転がしていました。
比べて小学生の男の子はボレーが苦手なのかかなり突っ込んで、スイングをしてボレーをしてましたね。
ですのでかなりアウトやネットが多かったです。

苦手な子は苦手なボレー。でもこういう一連のプレーが試合で決まるとうれしいですよね。


このメニューが終わったら実践でした。
コートの片方のサイドにコーチと二人入って、もう片方は一人に分かれました。
そこで球出しからのゲームで、コーチがいる方はポイントが終わるとぐるぐるローテーションをしていって、一人の方は一ゲーム取るか取られるかしたらコーチサイドの一人と交代。
っていうのをやりました。
僕のクラスは、ってかジュニアのすべてのクラスで僕が最年長なんですね。
それでこのレッスンを受けてるのが中学生の女の子と小学生の男の子。普通に考えたら僕が勝ちそうに思えるんですが、この子たちかなりいいショット打つんですよね。
僕なんかよりいいショット打ちますよ、ほんと。
ただ、なんというか荒削りっていうかショットショットはいいんだけどゲームが組み立てられないみたいな節があるんですよね。
だから以前ワンセットマッチを中学生の女の子とやった時は6-2で勝ちましたね。
男の子とやったことはないですが、たぶん勝つと思います。


まぁ僕もたいして強いわけじゃなくて、一つ上のクラスの相手になるとボロボロにされるんでしょうね。


この練習中先ほどのメニューのようにチャンスボールからのボレーを打つシーンがあったんですが
フワッとしたボールに腰を浮かしてしまってボレーはネットしてしまいました。
なかなか実践になるとうまくいかないものですね。




この実践メニューを三巡したら、サービス練習を少ししてサーブからのゲーム形式をやりました。
30-30ノーアドバンテージ。
サービス側をやると最初まったくサーブが入らなかったですね。
二回ダブルフォールトしたりしてました。
途中からはよくなりましたが、それでもファーストのIn率はかなり低かったですね。
リターンにつくとなかなかリターン返せなかったですね。
コーチからは打つ瞬間に上に飛んでるからだと言われました。
確かに、打つ瞬間にややジャンプするようにリターンしていて、力が上に分散されていたんですね。
コーチにリターンする瞬間に上じゃなくて前に出るようにしたらいいと言われて、前に出るイメージでやるとめっちゃいいリターンが打てました。

しかも一球じゃなくて何回もきまりました。




ほんとに僕のテニススクールのコーチはアドバイスが的確ですぐに治ります。
これを忘れないようにしないとですね。
スポンサーサイト

自作!?

<実は、僕の学校は最後のテストが終わったらそのあともう一切授業がなくて最近は家にいることが多いんですね。
そこで、何もすることのない時間を使って最近は近くの広場でテニスの練習をしています。
ただ、そこの広場にはテニスの練習をするような壁があるわけでもなく、大きなフェンスに向かって手でボールを出して一球一球打っている感じです。


僕としては壁打ちのように跳ね返ってきたボールを打ちたいわけなんです。
そこでそのような練習する機械がないかなぁっとネットで探してみると・・・


【携帯テニスコート!】ミラクルテニス<テニス練習機>【携帯テニスコート!】ミラクルテニス<テニス練習機>
()
ミラクルテニス

商品詳細を見る



このようなものが!!
ただ、値段を見てみると34000円!!Σ( ̄ロ ̄lll) ンガ!


た、高い・・・・・




そこで僕は思ったわけです。
「なんか、作れそうじゃね?www」

実は、僕はこういうの見ると自作できそうとか考えちゃうんですよねー
前にSkypeするためのマイクにポップガードがほしくなった時に自作しちゃったりした経験がありますw
ちなみにポップガードってのはこんなの。
STEDMAN PROSCREEN101 メタルポップガードSTEDMAN PROSCREEN101 メタルポップガード
()
STEDMAN

商品詳細を見る

よく、声優さんとかがマイクの前につけてるあの黒いアミアミのやつ。
で、自作したのがこれ。
ポップブロッカー
誰だ?後ろ汚いとか言ったやつ(笑)


で、今回もそういう風に考えました。
ただ、よくよく考えるとパイプ曲げたり折り返し作ったり割と大変そう・・・・
しかも34000円以内で収まるか?
早くも頭ショートしかけてますw
なんかヒントあったらくださいwwwww


人気ブログランキングへ←応援クリック協力してくださいな

全豪オープン

少し前から全豪オープン開幕しましたね
日本人は伊藤竜馬選手と錦織圭選手が出場しました
残念ながら伊藤選手は負けてしまいましたが・・

テニスの全豪オープン第4日は19日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦では主催者推薦で初出場した23歳の伊藤竜馬(北日本物産)が世界ランキング81位のニコラ・マユ(フランス)に6―1、6―7、2―6、2―6で敗れた。

日経新聞より引用させてもらいました
伊藤竜馬選手は2回戦で敗れたとのことですが、4大大会・・いわゆるグランドスラムで2回戦まで進むこと自体がすごいことですね
あと伊藤選手名前が竜馬なんですねw
将棋をやってるとこの名前気になります(笑)偶然ですけどw
彼は今後期待できる日本人のプレイヤーになると思いますよ


さて、伊藤選手もすごいですがしかしそれを上回るのが錦織圭選手
最近の彼はまさしく破竹の勢い
昨年のスイス室内テニスでは世界ランキング(ATPランキング)1位のノバク・ジョコビッチ選手を破ったことで有名ですね

これがその試合の最終セット最終ゲームです
ボールは見づらいですねw

そして今回の全豪オープンでは錦織は第24シード
グランドスラムの大会でシード権を得られるのは本当にすごいことですが何より結果を残しているのが一番すごいところ

第24シードの錦織圭(フリー)はマシュー・エブデン(オーストラリア)と対戦した。
これも日経新聞からの引用

第1セット、2セットと錦織は焦るように攻めたてましたがミスが連発
結局2セットダウンしてしまう展開に
その後テンポを切り替えラリー中心の展開にしていった錦織が徐々にペースをつかむ試合運びになりました
その後は2セットダウンから後がない状況でまさしく背水の陣
3セットを奪い逆転勝利

なんていうかそのメンタルのすごさが半端ないですね
僕なんかはゲームポイントでさえ緊張してサービスダブルフォールトするっていうのに(笑)


もちろん世界のトッププレイヤーと比較すると実力が足りないと思う部分がないわけではありません
スイスでのジョコビッチとの対戦は色々な要素が重なった結果という見方もできます
ですが伸びしろはものすごいあると思います
22歳と若いということもあって(これは僕が言うのも変ですねw)ホントにこれからが勝負でしょう
是非ともグランドスラムで活躍選手になれること期待します^^

人気ブログランキングへ←応援クリック協力してくださいな

素振り!

今日は久しぶりにテニスネタです
昨日テニススクールに行ったのですがその時にコーチにこういわれました


コ「ちょっと前と比べるとストローク落ちたな~」
僕「やっぱりそうですよね~」
コ「前はやばかったもんな、何打っても入ってた」

確かにここ最近はストロークはミスが多いです
最近はいろいろ予定が入ってスクールに行けない日が多かったりで・・・・
更に冬休みに入って動かないせいか体力も落ちてきています
練習もすぐにばててしまいました





そこで今日からランニングと素振りをやることにしました
まずはランニングですがこれは自分のペースで2km走りました
これなら無理なく続けられそうなのでこれをできれば毎日続けたいですね
ただこれで終わっては面白くないので一つ面白いランニングの仕方をおしえちゃいます^^

テニスというのはstop&runの競技です
走っては止まり、走っては止まり・・・
これを繰り返すわけですね
普通に走っても体力は付きますがテニスに合わせた体力をつけるなら・・・・

ずばりこれです
「15秒ダッシュ&45秒ジョグ」
これは友達から聞いたトレーニング方法なのですがやり方はもう名前の通りですね(笑)
15秒ダッシュしてから45秒ジョグ、また15秒ダッシュしてから45秒ジョグ・・・
これを5分続けてみましょう
想像以上にしんどいですよ
慣れてきたら1分ずつ増やしていきましょう



次に素振りですが・・・これは環境がないと結構大変かもしれません
僕の場合家のすぐそばに公民館があってそこに少し広い公園みたいなところがあるのですがそこで素振りをやってます
そこでは公民館の大きなガラスを使って自分の体を見ながら素振りができるので僕はそれを使ってやっています
素振りをやるときは絶対に「自分の体を見れるようにしてください」
これは自分できれいなフォームかどうかを判断するために必要です
自分の体が見れたらなんでもいいです
大きな鏡やガラスに映してもいいいですしビデオカメラで撮ってもいいです
とにかく自分のフォームを確認しながらやるのが一つのポイントです

更にもう一つポイントを
これも僕の友達から教えてもらったのですがストロークの際手だけで打ってはいけません
体全体を使うのが上手にストロークを打つポイントです
まずは足首を回します→それに釣られるように腰を回します→同じように上半身、腕が回ります→最後にラケットが回ります
つまり、「下から順番に回していくのです」
その時に意識して回すのは腰までです
そこまで回してしまえば上半身は自然に回っていくはずです
特にラケットは鞭のように使うのがポイント、ようは腕の力で振るのではなく自然の流れに任せてラケットを振るのですね
なのでゆっくりでいいので自分の動きを確認しながら意識して腰を回してください
これはフォア、バック両方に言えることなのでどちらも意識しながらやってください


僕はこれを当分続けてみようと思います
これで上達するといいなぁ←希望です(笑)


人気ブログランキングへ←応援クリック協力してくださいな

今年初のテニス試合

昨日僕の通っているテニススクールで試合がありました
僕は今年は一度も試合に出てなかったので昨日の試合が今年初試合となりました
前日には2コースいれて練習も十分でき準備は万端


試合形式は3つのリーグでリーグ戦
そこで優勝した人が決勝リーグに進出という試合形式でした
僕のリーグは3人
僕 ちょいぽっちゃりのおじちゃん がたいのいいおじちゃん
というメンバーでした


試合方式はノーアドバンテージ1セットマッチ 5-5で12ポイントタイブレークのセルフジャッジでした
まぁこの辺は分からない人には謎の一文ですねww
全員初戦だけは3分間のストロークアップとサービス各サイド3本ずつの練習が設けられていました


まずはちょいぽちゃのおじちゃんと対戦でした
実は僕は試合が始まる前にすでにビビっていたんですよねw
というのも僕のテニススクールには全校(系列校)を含めたポイントランキングというものがあるんですが、このポイントは簡単に言えば試合に勝てば勝つだけもらえるというものなんです
僕は初出場なので0ポイントなんですが相手のちょいぽちゃさんはなんと50ポイントでランキング2位!!

正直ビビりまくってましたね
めっちゃ強いんだろーなぁと始まる前から弱気ww ←だめだめですねww


そんな弱気だったのがいけなかったんでしょうね
相手に決められるより自分からのミスが目立つ試合に
弱気なうえに負けてくると体が動かない動かない(^ω^;)
結局自滅を重ねていって0-6とストレート負けorz
ちょいぽちゃさんはもちろん勝てる相手ではない位の実力差でしたけども何とも不甲斐ない試合内容でした



さて次はがたいのいいおじちゃんとの対戦でした
がたいさんはタイプとしては決めに行くタイプではなくてつなげていくタイプでした
しかし決めに行くところでは決めに行く ミスの少ないタイプの方でした
アマチュアのテニスの場合は決めのショットでポイントを稼ぐという試合はあまりありません
というのもほとんどのポイントがどちらかのミスで終わるんですよね
ですのでこういうミスの少ないタイプというのはテニスをするうえで負けにくいタイプであるということがわかります



しかしこのがたいさんの所持ポイントは0ポイント
いい試合はできるのではないかと勝手な憶測が脳内を飛び回ってました(笑)
もちろん頭の中では自分の勝利前提のイメージww


試合が始まると勝ちやすい勝ちにくい云々の前に実力差が結構あることに愕然とさせられましたね
最初の方リターンエースとかどんどんとられていいショットを打っても繋げられるのでミスもあまりなかったです
結局先ほどの試合と同様に自滅コースまっしぐらw


なんかねぇもう笑うしかないw
ほんとに勝てないっていう相手との試合はきれいに決められると逆に相手をほめてしまいますね
悔しいよりスゲーって感じですよね
↑この辺がもう試合やってる雰囲気じゃなくなってます(泣)


結果は当然のごとく0-6


まったく・・・・
普段の力が出せないのでは試合でれませんねorz
普段の力出せたんならせめて2ゲーム位はとれたかもしれないけど
自滅していったんでは話になりません


二つの試合は僕の実力不足もありますがやはりミスの多さが目立つ試合となりました
今後の改善点はもちろんミスを少なくという点なのですが・・・・
困ったことに練習ではほとんどミスをしないんですよね(^ω^;)
おそらく試合だということで緊張してミスが多くなっていったんだと思います

ですが、緊張なんて誰でもします
その緊張した状態でも実力を出せる人が強い人だと思いますね
この辺はどうやって改善していけばいいのか正直分からないところです


まぁ何とか頑張って考えていきたいと思います
できれば次回の試合では1試合くらい勝ちたいなぁ←願望w


人気ブログランキングへ←応援クリック協力してくださいな
プロフィール

boss

Author:boss
おはこんにちばんわ^^
通りすがり上等米残していけこのやろー
ってわけで素通りは厳禁ってことで(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ 

【ニコニコミュニティ】【将棋放送】男子高校生のヒマつぶしroom【雑談】の生放送
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
I tunesカードが無料‼
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。