ストロークラリー! - 将棋指しのテニスプレイヤー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロークラリー!

さて今回はお久しぶりのテニスカテゴリです
まぁテニスカテゴリって言ってもほとんど一回プロが来た時の受け売りだからすぐにネタつきるかも(汗)
ネタ尽きたらプロの動画とか貼って自分なりに解説していこーかなーとか考えてます
なにか解説してほしいこととかあれば気軽に米くださいね^^

というわけで今回はストローク!それもラリーについてです

ストロークのラリーといえばもうテニスの7割くらいは占めるんじゃないかな?
ってくらいよくしますね
学校の部活だとあまりネットに詰めるボレーをするよりベースライン付近で打ち合うストロークラリーを重点的にやるんじゃないでしょうか?
少なくとも僕の中学のテニス部はそうでした

だから結構ストロークは得意!って言う人はいます・・・が残念ながらストロークが得意って言う人は多いので武器にはなりにくいんです(´・ω・`)

でもじゃあ武器になりやすいアプローチとかボレーとかを練習した方がいいんじゃないか?って言うのは極論すぎます
ストロークが得意って人が多いからと言ってストロークを武器にしないともったいないです
だって基本的に試合で使うのってストロークでしょ?
なら武器にしちゃいましょう!

まず主にストロークを武器にする方法は二つ考えれます
一つは単純明快パワー勝負で重い球を打つことです
もう一つはコースを狙うこと

もちろんこれら二つできたらいいんですがこれ二つできるとおそらくそれはかなり上級者だろうと思います

ではまずボールにパワーを乗せる方法を説明します
ボールにパワーを付ける・・・これを多くの人は勘違いしていますが
スイングスピードをただあげればパワーボールが打てるっていうことではありません
ここでいうパワーボールは体重の乗ったボールを指します
よくパワーボールを打つ人でスイングスピードがかなり速くスピードが速いのですが当てたら返る・・・そういう人がいます
スピードボールをベースラインから打っても距離があるからある程度は打ち返せます
また、大体そういうボールは軽いので本当に当てるだけで返るんです
しかしもちろんパワーを生むにはスピードは欠かせません
では、どうすればいいのでしょうか?

それは、腰を回してしっかりと振りぬくことです
シャラポワ フォア

これはシャラポワなんですが、シャラポワと言えば女子にはめずらしいパワーボールですね
シャラポワのフォア、腕だけで振っているように見えますか?
多分腰の回転を使わないとこのフォームにはならないでしょう

もちろんここにはスイングスピードが重要にもなってきます
ただ、この腰の回転 これを意識するだけでシャラポワのような女性でもパワーを生むことができるのです
男性の方なら腰の回転とスイングスピードを意識するだけですごいパワーショットが打てるはずです

なにより腰の回転をさせると体重移動がしやすいんです
ここが重要ポイントです  足だけで体重移動させてしまうとなかなかボールに体重がのりません
腰の回転を使って体重移動をスムーズにさせてみましょう
これだけであなたのストロークにパワーが増すはずです!


さて続いてコースを狙う方法です
・・・と言いましてもコースを狙うというのは一朝一夕でできることではありません
球出しで数をこなして初めてコースを狙えるというものです
ただ一つ狙いやすくなるだろうと思うのがラケットをインパクト後打ちたい方向に振りぬいてください
たとえばストレートを狙いたいと考えたとします
ストレートに狙うには前に突き出すイメージで振りぬいてみてください
逆にクロスに打ちたいと思ったとします
こんどは斜め上を振りぬく感じで打ってみてください
おそらくこれで狙えるんではないでしょうか

とまぁこんな簡単にコースを狙う方法を書いてみましたがなかなか難しいものがあります
ある程度は練習で補うしかない部分です
ですから今回はコースを狙う方法じゃなくてどうコースを突いたら効果的なのかを説明します

ストロークは基本的にベースラインで行うものです
ですので長い距離を打たなくてはなりません しかし長い距離あると思って強く打ってみるとオーバーでアウト
こんな経験はありませんか?
おそらく誰でもあると思います これを克服するには。。。「ストロークは基本的にクロスに返せ」です

わかりますかね?クロスに返すということは距離が少し長くなります
つまりつなげる時、ラリーを続けたいときはクロスに返すと長い分少し強く打ってもオーバーしにくいんです
しかし、これはあくまでもつなげたいときに使うものです

ストロークでコースを狙って勝ちたいときは自分から展開しなくてはいけません
ここで使うのがストレートです

やってみたらわかるのですがクロス、クロス、クロス、ストレート と打たれるととりにくくないですか?
これはなぜかというとストレートは距離が短いから自分のところに早くボールがくるのです

これを展開と言います  自分からゲームを作っていきたいときはある程度つなげたら展開が必要です
ここでの展開のタイミングは相手が少し浅いところにボールを打ってきたときです
これはもう半分以上経験則になってしまうのですが少し浅いなって思った時が展開のタイミングです

しかしこれは相手にとっても同じです
もし自分が浅いクロスを打ってしまったら展開されてしまうと思ってください
ただ、ミスなく深いクロスを打ち続けるのは無理です

ですのでもし相手が展開してきたらまずは一歩退いてみてください
そして落ち着いてパッシングを狙ってください
ここで展開されて相手が前に出てきたときに狙うのはクロスです
絶対にクロスに打つことをお勧めします
というのもストレートを打たれて前に出てきた瞬間かならずクロスに隙ができます
必ず、です
だからもうおもっきりクロスに振りぬいちゃってください
これはもう理屈というより経験ですからだまされてと思ってやってみると意外と抜けるんです

では要点をまとめます
ストロークで勝つには二種類の方法がある
一つは腰の回転で体重移動をしてボールに体重を乗せ、なおかつスイングスピードもある程度上げてスピードもつけてパワーボールを打つ方法です
もう一つはコースを突く方法です
ストロークの基本はクロスです もし相手が浅いボールを打ってきたら迷わずストレートで展開してください
もし展開されて前に出てこられたらクロスに返してください
これを抑えることができたらポイントはとれるはずです

ではみなさん長文を読んでいただきありがとうございます


よかったらランキングクリックしていってください^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おれ、全然パワーボール打てないから

練習のときに腰の回転意識してやって見ます!!

Re: No title

クロテニさん米ありがとー
パワーボール打てるようになると試合の幅もやり方もゲームメイクも選択肢が増えるようになります^^
ぜひパワーボール身に着けてください
プロフィール

boss

Author:boss
おはこんにちばんわ^^
通りすがり上等米残していけこのやろー
ってわけで素通りは厳禁ってことで(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ 

【ニコニコミュニティ】【将棋放送】男子高校生のヒマつぶしroom【雑談】の生放送
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
I tunesカードが無料‼
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。