今日は将棋の大会! - 将棋指しのテニスプレイヤー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は将棋の大会!

さて今日は将棋の大会に行ってきました
名前は全国高校将棋京都府選手権っていうまぁ仰々しい名前の将棋大会でした
会場は京都新聞社のビルで以前も確か中学生竜王戦か何かで使ったことのある会場でした

僕はもう僕の棋力でどれくらい戦えるのか分からなかったからかなり不安で前日は
ずっと24で対局してました
さらにいざって時に石田流の勉強を友達から借りた本でやったりしてました

しかしこの大会に向けておそらく一番気を使ったのが相振り飛車の時に僕はどういう戦法で行くべきかです
というのも、僕の戦法は四間飛車がほとんどなのですが最近になってやはり四間飛車は相振りにされたときに困ると思ったからです
四間飛車は基本的に受けの戦法、つまり向こうが攻めてきたのを受けて駒を増やしたところで反撃
というパターンです
、、、、、ではみなさんもし相手三間飛車で来た時に四間飛車をするとどうなるか分かりますかね?
まぁ自分から動かないと相手がせめて来ない・・・つまり捌きにくいってことなんです
ということで以前紹介した「捌きの極意」で付け焼刃程度に相振り飛車の時の勉強をしました
これはここで書くとごしっく杯の時に研究されては困るので詳しくは書きません(笑)
それでまぁ一通り前日に勉強し、当日電車の中では詰将棋を解いてました

そんなこんなでとりあえず丸太町っていう駅に到着!
が、なんせ何年か前のことだったので完璧に道とか忘れてしまい
さて新聞社どこだっけ???って状態になり軽く迷子になっちゃいました(笑)

そんでうろうろした挙句一つの結論に・・・・あっあの人将棋大会に行く人だなよしついていこう
と人の後ろを歩いてみることにw
するとなんか前の人きょろきょろしてきたぞwもしやこいつ道知らねーんじゃ・・・・・
ということなので戻って次は顧問の先生と一緒に来ている集団についていくことにww

前の集団はさっきついて行った人とは別の方向に・・・w
そんでついて見れば丸太町の駅の真後ろだったww

とまぁ新聞社についたて受付を済ませたら今度は居飛車穴熊にどうやって対抗するかを勉強してました
その時友達もついて受付をすましたらしく軽く「おはよー」って言ってどこかへ・・・
なんとまぁマイペースな方なのだろうか(笑)

さてさてそうこうしているうちに大会の説明が始まりました
大会のルールはこうでした
・持ち時間は10分切れたら一手30秒
・予選はスイス式リーグ戦を採用(リーグ内の勝ち数が同じ相手と対局をしていく)
・相手の選考は参加者80人を主催者側がランキングに(過去の成績とか棋力を元に)して1位の人は41位の人と、2位の人は42位と、3位の人は43位・・・といった風にあたるようにする(二局目以降はその時の成績でランキング)

というルールです
ちなみに僕は申し込むときに段位もってなかったから段位ありませんっていうとでは初心者という風にしときます
と言われたので80人中67位でした(笑)

はいここまで聞いてこのルールの鬼畜さがわかった人は感がいいです^^
そう、これまさに弱い人やランキングが低い人は勝ちあがりにくいルール設定なんです
もうこの時点で僕は惨敗を覚悟しましたね

さてそんなテンションで僕は一局目の対局を始めました
相手はランキング27位の相手と対局です ←もう僕涙目状態ですねw
手合いは僕が後手で相手三間飛車・・・ さて来ちゃったよ付け焼刃程度の知識しかない相振り飛車
もう何とかくらいついてくらいついて接戦になり何とか一手勝ちを手にしました^^
もうこの時は対局前のテンションとは全くの真逆でつかれてはいたんですがかなり嬉しかったです

つづいて二局目、相手13位の人www
いやいやいやw67位と13位あてるかよ普通ーとか思いながら始まりました
手合いは僕の先手番で相手三間飛車でした・・・ またかよwって思い指し続けてみると中盤はまだ何とか互角ってところでした
がやはり終盤の入り口で端から手を作られてあえなく負け・・・
まぁしょうがないですね・・・とか思ってもやっぱり悔しかったなー

このあとは昼食休憩で11時半に対局が終わり12時半から第三ラウンドがあると言われていったん解散
僕はすぐには昼食買いにいかず別室で行われていた女子の個人に出てる友達の応援に
実は女子は8人しかいなくて総当たりのリーグ戦をしてました
8人しかいないにも関わらず上位ベスト3に入れば全国大会に出れるというすごい状況に(笑)
男子は80分の1 女子8分の3   もうこれはダメだろww
で友達の局面を見てみるともう完全に必勝w まぁその人昨日マイナビ女子オープンチャレンジマッチで出場権手にした人だから当たり前なんですがねw
そのあとすぐに友達は勝ち隣の感想戦で何やら盛り上がっていたので見てみるとすごいことが起きていたww

なんと中盤で48にいた角が67に上がるという手を指していました ←お前はチェスのナイトかw
しかしそれに気づかず対局を続けていてw なんとその角がかなりの好手?だったみたいで反則した相手が勝利w
まさにその局面での最善手の上を行く超最善手 羽生もびっくりなだれも予想しない手だろうなww
さらに話に聞くところによれば女子の個人は反則がめっちゃあって勝ち星全部反則勝ちっていう人もいましたw

さて昼食休憩が終わり第三局目
相手は34位の人・・・絶対この大会の方式ダメだろw
手番は僕の後手で相振りでした
相手四間飛車で振り穴熊にしてきましたがこれは序盤で角交換から馬を作り四間飛車から向かい飛車にして穴熊の弱点をついていきましたら快勝^^  これは勢いづく白星ゲット^^

さらに四曲目 相手は20位の人と対局です
ここで一勝すればまだベスト16に入り本戦トーナメントに出場できる可能性がありました
そこでさっきの一局の勢いと意気込みで挑みました
手合いは僕の後手番で相手居飛車から右三間飛車?っていうのかな そこに飛車を振ってきて角頭狙う作戦で僕は普通に四間飛車でした
ここで僕は捌きにでるタイミングが完璧だと自分でも思うくらいいい捌き方ができてこれも快勝
なんとか本戦トーナメント出場の可能性をのこしました・・・がもうここからは運です
勝ち星が同じときの場合は対局相手の勝ち星等からランキングをします

僕はランキングが張り出されるまで女子のほうに行ってみると友達は今まで全勝w
なんだこの男子と女子とのレベルの差w
ちょっと談笑してからランキングを見てみると・・・・ベスト17ーorz
なんかショックだわーww あの鬼畜ルールがもうちょっと優しければ・・・
ていうか3勝1敗で予選落ちとかきびしww

あとはもう友達の応援だけでした
もちろん友達は全勝で優勝であとは表彰だけってところで男子が長引いて表彰が1時間ほど遅れました
友達は5時からミスチルのコンサートに行く予定だったらしくもう泣きそうになってました(笑)
表彰まで僕はずっと女子の選手としゃべっていましたw
そうこうしているうちに表彰が始まりましたがこれも結構ゆっくりのペースでやるんですねー
友達もう半泣きw  それから友達は表彰が終わりそれまで待っていた僕に何も言わず走って帰って行っちゃったw ほんとマイペースだわw まぁ急いでるから仕方ないかーって思って駅に行くとホームで友達発見w

まだ電車がなかったらしくそこから京都まで一緒に帰りましたー
電車の中では大会の愚痴等々を言ってました(笑)特にあの鬼畜ルールについてww
友達は棋力申告の時に初段って言っちゃえばよかったやんとか言ってました(笑)
そんなん許されんのかよーってめっちゃ心の中で突っ込みいれてました

それから一人になった僕はまた詰将棋を解いてました
今回悔しかったから直あるだろう24のサークルの大会でこの雪辱を晴らしたいと思いますww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おつかれさまでした~!

ベスト16まであと一歩・・・

めっちゃ悔しいですね( p_q)エ-ン

でもベスト17でおれはすごいと思いました!!

おれがゆえる立場じゃないんですが

将棋頑張ってください(^○^)//

初コメです

将棋の大会お疲れ様~
俺も将棋はするけど
くわしくは知りませんw
とにかく頑張ってください^^

Re: 初コメです

米ありがとうございます^^
どうぞつまらないブログですが
常連になってやってくださいー

Re: No title

クロテニさんありがとうございます^^
あと一歩だったんですがねー
次の大会がんばります

(・x・ ).o0○

早くボスさんのお友達と24で指したいぉ~

ボク勝ったら、お友達に歳を10コくらい引き取ってもらうんだ^^(死亡フラグww

Re: (・x・ ).o0○

伝えときました^^
気まぐれ且つマイペースな人なのでいつになるか分からないですけど・・・(笑)
プロフィール

boss

Author:boss
おはこんにちばんわ^^
通りすがり上等米残していけこのやろー
ってわけで素通りは厳禁ってことで(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ 

【ニコニコミュニティ】【将棋放送】男子高校生のヒマつぶしroom【雑談】の生放送
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
I tunesカードが無料‼
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。